2015.02.18 Wednesday

水草水槽をソーラーパネルで発電した電力でやってみよう!

0
    いつも有難う御座います!
    またすっかりご無沙汰しちゃってますね...スミマセン。

    今日は「ソーラーパネルの設置方法をネットで調べ自力で設置
    〜バッテリーに充電した電気を使ってみよう! in 京都〜」です。
    (以前の東京で設置した時の記事 → http://aquamorium.jugem.jp/?eid=32

    前回は、iPhoneやノートパソコンの充電、LED照明の点灯など
    日常使いで十分使える事が分かりました。

    さて今回は、アクアリストとし自然エネルギーで水草水槽を維持する挑戦です!


    今回は、このベランダにソーラーパネルを取り付けます。
    (最大出力200W、たたみ一畳位の大きさで約15Kg)


    ここからは主に復習なので、ざ〜っと行きますよ〜!w

    今回も賃貸なので壁など穴を開けられません。
    でも台風でも飛ばない様、安全に配慮して設置します!
    (やられる方は、あくまで自己責任!)


    基本的には、ソーラーパネルを手すりなどに、固定するのですが
    どうしても浮いてしまう箇所が出たので、ホームセンターでアレコレ金具を組み合わせて
    ソーラーパネルを支える部分を作りました。


    建物に接触する部分にはクッションをつけます。


    大胆にこんな感じで仮に置いてみましたが
    載せただけでも結構安定してます。
    よしよし。


    えっそんなので留めるのっ!?と今回も思われると思いますが
    これ一本で15Kgの耐久性が有る代物です。(100円のとは違うのだよ100円とは。www)
    これで手すりなど頑丈な所に固定しまくります。(接触部分はクッションを忘れない。)


    そして今回は伸縮性のあるワイヤーを用意。


    対角線で引っ張るように固定。
    万が一バンド全部切れてしまった時の保険です。

    もうビクともしません!


    以前同様に信頼性の高い日本のバッテリー車用の12Vを用意しました。


    取り敢えず雨風を避けやすくなるので真下に設置。


    過充電や電流の逆流を防ぐために、ソーラーパネルとバッテリーの間に
    チャージコントローラーという機器を経由させます。


    なんとなく今回はバッテリーの上に置いて繋ぎたいと思います。


    バッテリーとチャージコントローラーを繋ぎます。


    そしてチャージコントローラーからソーラーパネルと接続。


    車のシガーソケットに変換するケーブルを接続。


    バッテリーチェッカーを接続すると「13.6V」と表示されました。
    通常だと12.7V前後なのでソーラーパネルが発電していることがここから伺えます。
    やっぱりこの瞬間は、なんか嬉しい。w


    シーガーソケットを延長し部屋まで引きます。
    そして、12Vの電圧を100Vに変圧器を繋ぎ、家電を使えるようにします。
    ここでバッテリーチェッカーをつなぐと電圧が12.6Vまで落ちました。

    でも12.6V有れば全然問題無し!


    さー45cm水槽に濾過器を接続し動かしますよ!

    外の天気は薄い曇に太陽が入った状態で、濾過器(消費電力約5W)を接続。

    動いた〜!

    電圧は12.8Vをキープ!
    よしよし!


    外が強く明るくなったと思ったら14.0Vが表示されました!
    薄雲から太陽が出たのでしょう。
    発電しまくりの様です。


    露出計でソーラーパネルに当たる光を測るとISO100でF11、S 1/125。


    今度はやや薄い雲にまた入り13.3V。


    測るとISO100でF5.6、S 1/125。

    分かったような分からんような...

    まーその辺は、お天道様次第なので余り数値化は意味がない気もします。
    農作業と同じで、大部分は神頼み。


    さて、次にこれも大事な水温です。
    今は冬、室内17度、水温13度...。
    この約40Lの水を一日中23度前後にキープするのも課題なんです。


    非力ですが10Wのヒーター。
    まずこれでどこまで行けるかテストです。
    (この後、水槽の上部には放射冷却を防ぐ為にガラスの蓋もしました。)


    2時間で2度上昇。

    この後、更に2時間で2度上昇し17度に...。

    続く。

     
    ↓こちらも宜しくお願いします!
    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    続きを読む >>
    2012.11.04 Sunday

    自然エネルギー発電で水草水槽!(ソーラーパネルとバッテリーを接続)

    0
      再び大変ご無沙汰しております。
      スミマセン!

      さて、もう皆様もすっかりお忘れかと思いますが(苦笑)
      今日は、ベランダに取り付けたソーラーパネルから引いた配線を
      室内のバッテリーに繋ぐお話です!


      白(+)と黒(ー)の配線をエアコンの配管から室内へ。

      ※ 結線は必ず+、ーの順で繋ぎます。逆だとショートします!※

      下記写真のランプが点灯している左の機械は、チャージコントローラーという代物。
      ベランダに取付けたソーラーパネルと写真右の12Vバッテリーの間に取り付けます。

      ソーラーパネルからこのチャージコントローラーを還さず
      直接バッテリーに繋いでも充電することは出来ますが
      これを挟む事でバッテリーからソーラーパネルへ電流が逆流するのを防ぐ事が出来ます。
      水草水槽をやる方ならご存知の方も居るでしょう!
      そう!水の逆流を防ぐ逆流防止弁と役割は同じですね。


      この12Vバッテリーは、車で使用しているバッテリーと同じタイプなので
      100Vの家庭用電化製品は、そのままでは使用する事は出来ません。
      もちろん僕が持っている水草水槽の機器も全て100Vです。

      12Vバッテリーで100Vの電化製品を使用する為には
      電圧を100Vに変圧するインバーターというものが必要になります。
      しかしそれを還して電力を使用すると30%程電力を消失してしまうそうで...。

      う〜ん...12Vで動く水草水槽機器出ないかな...(笑)

      ...まーロス問題は一旦保留にして
      今回は12Vで溜めた電力を無駄無く使える物のテストをしてみましょう!

      皆さん持ってますね?スマートフォンとノートパソコン。
      これを充電してみたいと思います!

      それにはまず、12V機器がいっぱい売っているカー用品店で
      それらを接続する為に必要な機器を購入します。


      まずはシガーソケット、取合えず4連タイプ!
      カー用品の多くは、バッテリーに接続しただけで電源が入る物が多いので
      ON,OFFが出来るスイッチ付きを購入しました。

      これを12Vバッテリーに繋ぎます(+、ーの順で!)。

      そして最初に接続したのは電圧を測る為の電圧チェッカー(これもカー用品店で購入)。

      スイッチ!ON!


      ついた〜!

      普段部屋のコンセントなどで電源が入った位で喜ぶ事は有りませんが
      これは達成感が有りましたね。(笑)

      表示された電圧は「13.9V」
      この日、天気が良かったので200Wのソーラーパネルは
      かなりのエネルギーを生んでいるようです。

      それではと、一緒に買って来たシガーソケットタイプの
      iPhone充電用のUSBケーブルとノートパソコン(MacBookPro用)のACアダプタも接続!


      接続した3つの機器全てONにすると、充電開始!
      電圧が「13.6V」まで落ちましたが、まだまだいけますね。
      (12Vの機器を使用する際の推奨電圧は12.7V以上だそうです。)

      普段、仕事とプライベートで使うこの機器
      この充電スタイルにてしばらく生活してみましたが
      晴れの日も雨の日もバッテリー上がりする事無く充電出来ております。

      後は、カメラとストロボのバッテリーも補えたら
      自然エネルギーだけでも仕事も出来ますね(笑)


      生態の入る水草水槽をこの自然エネルギーだけで維持するには
      もう少し実験が必要ですが、まずまずの手応え。


      さてさてココまで思った以上に簡単に設置出来てしまったソーラーパネルによる発電...。
      当初ソーラーパネルの設置は複雑というイメージだったのですが
      基本的には線二本を交互に繋いだだけで出来ちゃいましたよ(笑)


      ↓ ポチっとして頂けると嬉しいです!
      にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


      2012.08.08 Wednesday

      自然エネルギー発電で水草水槽!

      0
        大変ご無沙汰しております。

        久しぶりの投稿かと思えば、水草水槽に関係の無さそうな自然エネルギー発電?

        いえいえ関係大有りですよ!
        今度のチャレンジは、自然エネルギーのみで水草水槽を維持してみようという試みです!

        最近出たADAのLED照明器具等とか上手く組み合わせれば
        自力で設置したソーラーパネルでも行けるんじゃない?
        というザックリとした思いつきから動き出しました。

        とはいえ生き物を扱うので...
        まずは生活家電を数ヶ月問題無く動かせるかチェックした後ですが...


        設置するのはこの場所です。

        本来で有れば、屋根などに30度の傾斜をつけて設置するのが
        一番パフォーマンスが良いのですが、我家はマンションの2階...
        このベランダにほぼ90度の角度に付けるしか無い!

        少しでも発電量を上げる為に、最大出力200Wのソーラーパネルを購入。


        左の黒い板に収まっているのは
        手伝いに来てくれたアクアノート(http://mansaqua.jugem.jp/)のノートマン。

        この黒い板がソーラーパネル(写真は裏面)です。
        畳一帖ほどのサイズで、重さは約15Kg。


        ベランダの外側の、この平らな部分に載せるのですが
        そのまま置くとさすがに危険なので滑らないようなフックが必要だと思い
        寸法を測ってホームセンターに...


        バラで買って来たこのパーツを...


        こんな感じに!

        向かって左側にソーラーパネルが載り
        右側のコの字型の部分がベランダの内側にに引っかかり
        万が一道路にすべり落ちるのを食い止めます。

        それを三つ用意。
        しめて4000円くらい。


        借りマンションなので釘打ちビス打ち等の穴アケはダメなので
        滑り止めを各所に張りました。

        その上にソーラーパネルが載るので重みで金具が安定し動きません!

        こんな力強い金属形状のパーツですが、今回は固定というより
        実はサブなんです。

        今回の固定のメインは何と...


        「耐候タイプの結束バンド」

        手すりの留められる箇所に出来るだけ固定します!
        合計10カ所固定。

        「この結束バンドだけで大丈夫?」と思われるかも知れませんが
        もちろん100円ショップで売っている様なものでは絶対ダメです!
        この耐候タイプは、ホームセンターで売っている「耐候タイプの結束バンド」で
        寒暖の差に強く一本でも20Kg以上耐える代物です!

        ソーラーパネルが15Kgなので一本でも余裕の計算ですが
        10本以上で固定したので単純計算で200Kgは大丈夫なはず!

        (※ 試される方はご自身の責任で行って下さい!)

        そして...ジャ〜ン!


        ぐいぐい力を入れてもビクともしません。
        この夏の台風でも1mmも動かなければ十分実用レベルでしょう!

        このソーラーパネルの設置だけでしたら素人の男二人掛かりでも
        1時間かかりませんでした。

        それにビジュアルも、ソーラーパネルの存在感無いでしょ?(笑)

        さ〜て次回は部屋の中に配線を引きバッテリーに接続するお話に続きます。


        ↓乞うご期待にポチっとお願いします!
        にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
        Calendar
              1
        2345678
        9101112131415
        16171819202122
        23242526272829
        3031     
        << July 2017 >>
        PR
        Selected Entries
        Categories
        Archives
        Recent Comment
        Recommend
        Links
        Profile
        Search this site.
        Others
        Mobile
        qrcode
        Powered by
        30days Album
        無料ブログ作成サービス JUGEM