2015.02.18 Wednesday

水草水槽をソーラーパネルで発電した電力でやってみよう!

0
    いつも有難う御座います!
    またすっかりご無沙汰しちゃってますね...スミマセン。

    今日は「ソーラーパネルの設置方法をネットで調べ自力で設置
    〜バッテリーに充電した電気を使ってみよう! in 京都〜」です。
    (以前の東京で設置した時の記事 → http://aquamorium.jugem.jp/?eid=32

    前回は、iPhoneやノートパソコンの充電、LED照明の点灯など
    日常使いで十分使える事が分かりました。

    さて今回は、アクアリストとし自然エネルギーで水草水槽を維持する挑戦です!


    今回は、このベランダにソーラーパネルを取り付けます。
    (最大出力200W、たたみ一畳位の大きさで約15Kg)


    ここからは主に復習なので、ざ〜っと行きますよ〜!w

    今回も賃貸なので壁など穴を開けられません。
    でも台風でも飛ばない様、安全に配慮して設置します!
    (やられる方は、あくまで自己責任!)


    基本的には、ソーラーパネルを手すりなどに、固定するのですが
    どうしても浮いてしまう箇所が出たので、ホームセンターでアレコレ金具を組み合わせて
    ソーラーパネルを支える部分を作りました。


    建物に接触する部分にはクッションをつけます。


    大胆にこんな感じで仮に置いてみましたが
    載せただけでも結構安定してます。
    よしよし。


    えっそんなので留めるのっ!?と今回も思われると思いますが
    これ一本で15Kgの耐久性が有る代物です。(100円のとは違うのだよ100円とは。www)
    これで手すりなど頑丈な所に固定しまくります。(接触部分はクッションを忘れない。)


    そして今回は伸縮性のあるワイヤーを用意。


    対角線で引っ張るように固定。
    万が一バンド全部切れてしまった時の保険です。

    もうビクともしません!


    以前同様に信頼性の高い日本のバッテリー車用の12Vを用意しました。


    取り敢えず雨風を避けやすくなるので真下に設置。


    過充電や電流の逆流を防ぐために、ソーラーパネルとバッテリーの間に
    チャージコントローラーという機器を経由させます。


    なんとなく今回はバッテリーの上に置いて繋ぎたいと思います。


    バッテリーとチャージコントローラーを繋ぎます。


    そしてチャージコントローラーからソーラーパネルと接続。


    車のシガーソケットに変換するケーブルを接続。


    バッテリーチェッカーを接続すると「13.6V」と表示されました。
    通常だと12.7V前後なのでソーラーパネルが発電していることがここから伺えます。
    やっぱりこの瞬間は、なんか嬉しい。w


    シーガーソケットを延長し部屋まで引きます。
    そして、12Vの電圧を100Vに変圧器を繋ぎ、家電を使えるようにします。
    ここでバッテリーチェッカーをつなぐと電圧が12.6Vまで落ちました。

    でも12.6V有れば全然問題無し!


    さー45cm水槽に濾過器を接続し動かしますよ!

    外の天気は薄い曇に太陽が入った状態で、濾過器(消費電力約5W)を接続。

    動いた〜!

    電圧は12.8Vをキープ!
    よしよし!


    外が強く明るくなったと思ったら14.0Vが表示されました!
    薄雲から太陽が出たのでしょう。
    発電しまくりの様です。


    露出計でソーラーパネルに当たる光を測るとISO100でF11、S 1/125。


    今度はやや薄い雲にまた入り13.3V。


    測るとISO100でF5.6、S 1/125。

    分かったような分からんような...

    まーその辺は、お天道様次第なので余り数値化は意味がない気もします。
    農作業と同じで、大部分は神頼み。


    さて、次にこれも大事な水温です。
    今は冬、室内17度、水温13度...。
    この約40Lの水を一日中23度前後にキープするのも課題なんです。


    非力ですが10Wのヒーター。
    まずこれでどこまで行けるかテストです。
    (この後、水槽の上部には放射冷却を防ぐ為にガラスの蓋もしました。)


    2時間で2度上昇。

    この後、更に2時間で2度上昇し17度に...。

    続く。

     
    ↓こちらも宜しくお願いします!
    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
    続きを読む >>
    2014.01.28 Tuesday

    WEB SITE 更新

    0
      いつも有難う御座います!

      またすっかりご無沙汰しちゃってますね... スミマセン。
      ソーラー発電水槽の為のソーラーパネルもベランダに設置も年末にしたんですがね!?
      そのご報告は、おいおい...。

      今回は、昨年出張で行ったハワイ、カナダなどで撮影した風景写真をWEB SITEに追加したご報告です。
      ご覧頂けましたら幸いです。

      ↓ WEB SITE はコチラをクリック !




      ↓こちらも宜しくお願いします!
      にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
      続きを読む >>
      2013.11.09 Saturday

      2013年レイアウトコンテスト作品 664位に至迄 ~赤裸々公開~

      0
        いつも有難う御座います!

        前回、順位を著しく落とし落ち込んでおりましたが
        気を取直して今回で二回目の応募「2013年レイアウトコンテスト」。
        664位だった↓今作が出来る迄を振り返ってみたいと思います。

        ■2012年4月14日 


        今から約一年半前にテレビを処分し...。



        外部濾過器、co2添加もせず、
        照明にグランドソーラー1、濾過機は底面濾過のみのテラリウムに近い形で始めました。

        ■2012年4月21日


        有茎草は殆ど植栽せず、流木に侘草とモス、ミクロソリウムを少々植栽し
        底面にはリシアをシリアストーンに巻き敷き詰める事にしました。
        このレイアウト決断が後々大変なことになるとはつゆ知らず...。

        ■2012年4月23日


        休み休み、夫婦で力を合わせてやっていたら三日かかるも底面にリシアを敷き詰める事が出来ました。
        しかし...この後、藍藻に水槽を乗っ取られます。
        無知故の失敗です(詳しくは→参照)。

        ■2012年6月23日


        藍藻を排除する為に殆どリセットというかリセットより大変なことをします。



        藍藻まみれの水草は処分。
        残ったソイルと流木の残留した藍藻を死滅させる為、木酢液に付け濾過器を回し続けます。



        ラップでニオイ防止(この辺りも詳しくは→参照)。

        ■2012年6月20日


        失敗と反省から再び植栽からスタート。
        今回は有形草をザクザク植栽。
        流木のレイアウトも変え、気付けばテラリウム感は無くなりパノラマ水景に変わりました。

        ■2012年11月1日


        トリミングを繰り返し約5ヶ月後には、もっさもさ。
        う〜ん藍藻には侵されてないが...と、コンテスト締切半年前に方向性を再確認しだします。

        ■2012年11月27日


        そんな状況で突然思いたった東京から京都への引越・苦笑(参照)。



        水を抜けるだけ抜き、自分の車で運ぶことに。



        この後、乾燥を防ぐため上からラップをし約7時間の旅に出ました...。

        ■2012年12月24日


        東京から京都への道のりで、水草はダメージを受け
        土中の汚れが出るやらで、しばらくの間、黒ひげコケと、またまた藍藻に悩まされます。

        トリミングを繰り返し、このような状態になりました...。
        しかし粘り強くケアし、黒ひげコケと藍藻は徐々に勢力を弱めていきます。

        そしてこの日から約4ヶ月の間、平行して最終の絵を意識し調整していきました。

        ■2013年4月22日


        コンテスト応募締め切り約一ヶ月前。
        思い切ってセンターのソイルを吸い出し、化粧砂を敷きました。
        ちょっと間が抜け過ぎた気がしたので、近くの川でお借りして来た小石に、モスを巻き沈めます。

        ■2013年5月24日


        撮影の約1週間前。
        化粧砂のエリアを更に左の端まで延長しました。

        ■2013年5月29日 ※ 完成写真 ※


        整えてハイチーズ!

        ...半年近く経った今思うと、色々突っ込みどころ満載だったのが見えてきますね...。
        始めて2年の浅い経験と、とっちらかった水草水槽の知識と情報で、
        絵作りしたのが見え見えです。苦笑



        ↑これは前回の処女作351位だった作品ですが、荒削りとは言え大胆で勢いが有りました。
        初めての水草水槽への想いが、初心者の至らない箇所を少し目立たなくさせたのかなと。

        ■2013年10月30日


        そして今年のコンテスト締切から五ヶ月経った今、
        細かい善し悪しは置いといて、良い感じに力が抜けて自然観を感じてます。

        この水槽も立ち上げから一年半。
        長期維持で見られる水草水槽も学びがいっぱいです!


        さてさ〜て、次回の2014年水草レイアウトコンテストですが...
        ざっくりとシダ系の陰湿な感じで行こうと思ってます。
        電源はソーラー発電オンリー。

        「陰湿太陽光発電水槽」です。笑


        ↓こちらも宜しくお願いします!
        にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
        続きを読む >>
        2013.08.15 Thursday

        世界水草レイアウトコンテストランキング発表...

        0
          いつも有り難う御座います...。
          随分ご無沙汰してしまいました。

          京都に越して初めての夏。
          冬の厳しい寒さも引越前には京都を良く知る知人にかなり脅されましたが、北海道で大学時代を過ごした私には全然余裕でクリア。...しかし夏は完全にギブアップ入りました。
          日中の最高気温が35度越えがもう何日続いてますかね。
          家を空ける事が多い私は、遂に水槽用のクーラーも購入。

          そんなグッタリな暑い日に届いた「世界水草レイアウトコンテストランキング発表通知」。
          昨年、初応募した処女作の順位は「361位」でしたが...。



          今年の作品の仕上がりを見た時の妻の言葉を思い出す私...。
          「私は新作の方が断然好きだけど、順位は落ちるだろうね。」



          落ちた〜〜〜!?300以上落ちた〜〜〜!?

          嫁、何かの能力者〜!?水草水槽やってないのに審査員的視線持ってる〜!?
          こわ〜!寒い〜!そのまま京都の夏を冷やして〜!



          ↓こちらも宜しくお願いします!
          にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ


          2013.06.04 Tuesday

          京都の新緑も見納め 〜鞍馬山〜

          0
            いつも有り難う御座います!

            いよいよ春から夏になるという陽気。
            今日は自宅近くの駅から電車で20分、京都の鞍馬山にやってまいりました!


            鞍馬寺から貴船神社に抜ける山道を徒歩で行く約2時間のコース。


            ↓まずは、「鞍馬の火祭り」で有名な「由岐神社」。



            鞍馬寺を抜けると道の険しさが増してきます...。


            ↑岩盤が厚く根が地中深くに張れず、地表に露出した杉の根。


            ↑なんでそんなにネジれたのか気になる木。



            ↓超有名な貴船神社 本宮への階段








            京都の春は、お花も良いけどやっぱり新緑だね!
            僕は勝手にそう決めました。(笑)


            イヤ、でも花も良い。


            ↑新緑を着けたまま折れた枝が貴船川に落ちていました。
            そして木漏れ日のスポットライトがその姿を印象的に仕上げてます。

            素敵過ぎだったよ春の京都。
            来年も宜しくお願いします!


            ↓こちらも宜しくお願いします!
            にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
            2013.06.01 Saturday

            ツリーハウス

            0
              いつも有難う御座います!

              さて先日、実家の自分が使って居た子供部屋を片付けていると、
              そこから出て来たのは大学の卒業論文で提出した「ツリーハウスの模型」。


              私の通っていた建築の大学では、3年生の終わりには集合住宅や都市計画等スケールの大きな建築の設計を教えていた。

              卒業研究と論文は多くの人が上記の内容で臨む。
              4年生は1年間この卒業研究と論文作りで過ごすのだ。

              でも私には将来自分がそんな大きな施設を作るイメージがどうしても湧かず、困っていた。

              そして卒論制作の段階になると自らテーマを決め、担当の先生を生徒が選ぶ事になる。
              私は一番理解してくれそうな外国人の先生を選んで「ツリーハウス」で臨みたいと話した。

              「一応建築だから良いです。」と、そう言ってくれた優しい先生。
              でも、これから社会人でしょ大丈夫?という表情も伺えました。(笑)


              そんな卒論でしたが投票で1位を取っちゃったりして。
              なんだ、皆やっぱりツリーハウスの方が好きなんじゃ〜ん」とも思ったり。(笑)

              でも両親にしてみたら4年も通って最後はツリーハウス!?と思ったでしょうが...何も言いませんでした。
              ほんとスミマセン。
              それに建築家にもなってなければ今は、カメラマンですし。
              親は本当に偉大です!(笑)

              そう...もうあれから15年も経つんだな...。

              私も30代中頃を過ぎ、同世代と会えば自分の家を建てるか、マンション買うかどうかの話も多くなった。
              大学卒業間近でも、ツリーハウスの方がワクワクしていた自分、困った事に、それは今も同じだ。

              今日本には、700万戸の空家が有る。
              2040年には日本に現存する住宅の43%が空家になるって計算も立っているそうな...。
              そんな中、何十年もローンを組んで造ったり、新築の建売物件を買う事はどうなんだろうか?
              その地に不動産を抱える事が本当に安全で幸せなのかと。

              現存する空家をリフォームして住むのも良いけど、自分の家は、家族で楽しく作ってみても良くないかい?なんて本気で思ってる我家の夫婦。

              4坪程度の家なら、地面にコンクリートを流し込む事無く、男手三人も有れば3ヶ月程度で建てられる。
              それを敷地内や木の上に幾つか作れば生活くらい出来るんじゃないかなと。
              そして万が一、その家の中に居て地震が起き崩れても、タンコブ程度で済むじゃんなんて(笑)。

              またツリーハウスの中で、ソーラー発電の水草水槽が有ったらもうそれはワクワクでしょう!
              この模型を見ながら、フツフツとワクワクと思うのでした。

              ワクワクですが...改めて建築のこと勉強し直し!(苦笑)


              追伸:
              6月から心機一転たて位置写真をデカくしました!そして文字も左寄せ!
              小さいお話ですがご報告迄!


              ↓こちらも宜しくお願いします!
              にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
              2013.05.31 Friday

              2013年世界水草レイアウトコンテスト応募完了!

              0
                 いつも有り難う御座います!

                遂に締切ですね、2013年世界水草レイアウトコンテスト

                5月に入りコンテストに応募する水槽の撮影予定日を逆算、
                それを元に水草のトリミングや換水のタイミングを日々日々慎重に考える...。
                水草の事を考えない日が無い日が続きました。

                ↓その今回コンテストに応募した水槽の1年前...。


                立ち上げから数週間で藍藻に侵され...。


                木酢液ドバドバ漬けで殆どリセットに近い状態まで追い込まれたもしましたが何とか復活。

                ...と、思いきや東京から京都まで引越し。
                その際の揺れで土中の汚れや養分がだだ漏れし、黒ヒゲコケに覆われたりもしました...。
                そんななんだかんだ一年以上維持しているこの水槽を応募したのです。

                以前「次回はソーラー発電の45cm水槽で応募するぞ!
                なんて言ってしまいましたが、そちらは次回にし
                この水槽の1つのゴールに今回のコンテストを設定!

                そして、今年は自分含め4名4作品撮影させて頂きました。


                ↑ノートマンの作品の撮影風景。


                ↑京都でお世話になっている水草ショップWASABIさんの
                ご夫婦それぞれの作品の撮影風景。

                作品は皆全然違いますが、愛情の深さは比べようが無い!
                皆、良い趣味してるよ〜!
                皆さんお疲れさまでした〜。


                そして気付いたのですが、1年も同じ水槽を維持していると
                恋愛に近い感覚を味わって居る自分に気付く。
                養っているつもりが、逆だったなんて気持ちにも...。
                私は今一番「もの言わぬ水草」「もの申す嫁」に育てられてます。

                水草水槽なんで皆やんないか理解出来ないと
                やっぱり思うのでした...。(笑)


                ↓こちらも宜しくお願いします!
                にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
                2013.05.12 Sunday

                本が出来ました!

                0
                  いつも有難う御座います!

                  春の風景写真が続いた所で、水草のお話に行くかと思いきや全然違うお話です。笑

                  昨年一年、日本全国を追って撮影してきたのですが
                  武家社会を代表する伝統文化、「流鏑馬(やぶさめ)」、初の写真集が出来ました。


                  平安時代の宮廷を警護していた武官の「競馬」など、
                  日本の弓馬術の伝統は、武家社会となった鎌倉時代に式法が整えられ、
                  武家社会を代表する伝統文化として今に伝えられています。

                  鎌倉時代の狩装束を身に付け、疾走する馬の上から弓を引く勇壮華麗な姿が、
                  一冊の写真集にまとまったのです!

                  日本の伝統文化をグラフィックに紹介出来た写真集になったと思います!



                  ↓そして最後の写真は射手では無く撮影時の私の写真です。笑


                  分かります?
                  手に持っているカメラ以外に両脇のカメラ。
                  ベルト(帯)に引っ掛けるタイプなので片手で瞬時に取り外す事が出来ます。
                  計3台です。
                  疾走して来る射手にレンズ交換無く対応するために考案しました。

                  ん?何故私が道着を着てるかって?
                  コスプレ趣味ではございませんよ。
                  (着てて若干テンションが上がっているのは確かですが...笑)
                  広い所では300m近く有る馬場、ギャラリーと間違われるのを避ける為です。

                  水草とはちょっと遠い話でしたが、是非とも宜しくお願いします!


                  ↓こちらも宜しくお願いします!
                  にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
                  2013.05.09 Thursday

                  京都の春 ~その2~

                  0
                     いつも有難う御座います!

                    最近、水草水槽が全然出てきてませんが
                    春は外の植物にも目を奪われるのでもう少しお付合い下さい!(笑)

                    さて「マイカーで行く九州〜四国の旅」を終え京都に戻りましたが
                    この日、まだまだ桜満開ポイントが有るとの事で
                    翌日には醍醐寺にお邪魔しました!











                    夜は平野神社に。



                    やっぱり春の京都は良いね〜...。
                    「マイカーで行く九州〜四国の旅」は良かったけど
                    正直疲れたね...と夫婦でボヤく。

                    来年は京都の春を満喫するプランで行こうと約束し
                    「体力の限界」とアラフォーを肌で感じる昭和生まれの二人でした。


                    ↓こちらも宜しくお願いします!
                    にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
                    2013.05.07 Tuesday

                    香川県は琴平へ ~その2~

                    0
                      いつも有難う御座います!

                      今日は1368段の石段登り、金比羅山へ参ります。

                       


                      金刀比羅宮への道のりは、江ノ島の雰囲気に良く似てますね。


                      桜もまだまだ見頃。




                      この辺でちょうど真ん中辺ですね。



                      785段の本宮。
                      ココまでで引き返す方の方が多いですが我ら夫婦は、神社大好き!
                      そこに奥社が有るなら目指します!


                      人気も無くなり、緑も深く、グッと静けさが増します。






                      奥社まで後200m。


                      冷ややかな空気が美味い。


                      自然が作ったカッコ良過ぎる石組みと苔むしに合掌。


                      本宮と違って奥社はこじんまりと可愛く。
                      隣ではモクレンが満開。

                      おみくじは、何年振りでしょうか...大吉〜!
                      来て良かった。笑

                      のんびり登った1368段は、約一時間程。
                      金比羅歌舞伎を見るよりは疲れなかったな。笑

                      さあ思い残す事は無いので、安全運転で京都に帰りま〜す。


                      ↓こちらも宜しくお願いします!
                      にほんブログ村 観賞魚ブログ 水草へ
                      Calendar
                         1234
                      567891011
                      12131415161718
                      19202122232425
                      2627282930  
                      << November 2017 >>
                      PR
                      Selected Entries
                      Categories
                      Archives
                      Recent Comment
                      Recommend
                      Links
                      Profile
                      Search this site.
                      Others
                      Mobile
                      qrcode
                      Powered by
                      30days Album
                      無料ブログ作成サービス JUGEM